2ちゃんねる(2ch)の削除依頼について解説

年間300件超の2ちゃんねる(2ch)削除実績を持つ風評対策会社による2ちゃんねる(2ch)の削除依頼解説ブログです。

*

2ちゃんねる(2ch)の削除依頼と悪質キャバ嬢の“ストーカー捏造”手口

   

お久しぶりです
今回は2ちゃんねる(2ch)の削除依頼と悪質キャバ嬢の“ストーカー捏造”手口について話します

 

自民、公明両党は6日、電子メールも“つきまとい行為”とするストーカー規制法改正案を議員立法で来週にも提出する検討に入った。現行法では待ち伏 せや電話、ファクスは規制の対象だったが、メールは対象外だったからだ。法整備が急務となったきっかけは逗子ストーカー殺人事件。昨年11月、神奈川県逗 子市で、男が元交際相手の女性を殺害し、自らも自殺した。男は事件前の2週間で、被害者に1000件を超えるメールを送っていたが、県警はストーカー規制 法違反では立件できないとして事件化を見送っていた。改正案ではこのような行為を取り締まることができるようになる。
確かに今の時代、ストーカーがしつこくファクスを送りつけることはなく、メールが現実的だ。だが、今度はそのメールの規制さえも時代遅れになりそうだという。

ネット事情通は「インターネット上で誹謗中傷をして、嫌がらせをするのがストーカーの一つのパターン。2ちゃんねるやSNSへの書き込みは、ストーキング 対象者だけでなく、その知人や親戚にも悪口を広められ、破壊力はすごい。メールは受信拒否してしまえば被害者には届かないし、周囲に悪口も広がらない。2 ちゃんねる、SNSでの嫌がらせ行為の取り締まりが必要です」と指摘する。

一方、メールが規制の対象になると、逆手に取った脅迫が起こ り得る。歌舞伎町のキャバクラ関係者は「すでに悪質なキャバ嬢が、カモ客をハメる方法として“捏造ストーカー”があります。『たくさんメールが来て、あな たのメール紛れちゃうから、こっちから返事するまで、たくさん送って』とメールする。カモは喜んでメールをガンガン送信すると、それを証拠にして『ストー カーとして警察に相談しますよ』と脅し、金を取るやり方です。メールが規制の対象になると、その脅しが、より効果的になるわけです」と明かす。

 - 未分類