2ちゃんねる(2ch)の削除依頼について解説

年間300件超の2ちゃんねる(2ch)削除実績を持つ風評対策会社による2ちゃんねる(2ch)の削除依頼解説ブログです。

*

2ちゃんねるは「友達がいないか、頭が悪いか、性格がチキン」な奴が書き込む!-宮台真司が「2ちゃんねる」を批評!と2ちゃんねる(2ch)の削除依頼

      2013/05/29

お久しぶりです
今回は 2ちゃんねるは「友達がいないか、頭が悪いか、性格がチキン」な奴が書き込む!-宮台真司が「2ちゃんねる」を批評!と2ちゃんねる(2ch)の削除依頼を話します

こんな発言をしているから社会学は学問ではないと舐められるのである。

2012年11月2日、著名な社会学者である宮台真司氏がマイナビのインタビューに答え「2ちゃんねる」に言及した。

三年前にアメリカの大学で連続講演をしたとき、日本の2ちゃんねるに似たサイトがあるものの全然広がらない理由を尋ねると、「逆にアメリカ人の我々から見ると、なんで2ちゃんねるにああいう書き込みができるのかわからない」と問い返されました。

「アメリカだと、匿名性に守られて居丈高に誹謗中傷すると、友達がいないか、頭が悪いか、性格がチキンか、どれかだというふうに思われるので、とてもじゃないが2ちゃんねるのような書き込みはできない」と言われました。
本質的なコメントだと思いませんか。

このインタビューは基本的にはフェイスブックを中心としたSNSの見るに堪えない「腐臭」について語ったものである。

基本は自分の経験や感性による感想であり、そこには統計などの定量的なデータが存在しない。

「社会学」とはなんて楽な学問だと思われてしまうだろう。

この発言がネットで大きな波紋を呼んでいる。

当事者の「2ちゃんねる」では関連スレッドがニュース系勢いランキング1位に躍り出るなど注目を集めている状況だ。

そもそも、日本のネットとアメリカのネットを比較したときにアメリカのフェイスブックに対応するものとして「2ちゃんねる」を上げている。

果たして日本で2ちゃんねるがネットの主流であると言えるのかどうか検証が必要だ。

そして、アメリカの掲示板における「誹謗中傷」との定量的な比較データがどこにあるのか?

感覚として「2ちゃんねる」の方が多いというだけならだれでも言えるのである。少なくとも学者を自称するならデータを用意して発言してほしいものである。

定量的なデータなしの発言は、それこそ「頭が悪い誹謗中傷」と何ら変わらない。

togetterでネット誹謗中傷対策会社エーディーシーをチェック!

togetterでネネット風評被害対策会社エーディーシーをチェック!

口コミ削除依頼(誹謗中傷対策)無料相談 from adchf on Vimeo.

 - 未分類, 2ちゃんねる(2ch)の削除依頼