2ちゃんねる(2ch)の削除依頼について解説

年間300件超の2ちゃんねる(2ch)削除実績を持つ風評対策会社による2ちゃんねる(2ch)の削除依頼解説ブログです。

*

2ちゃんねる発“実況文化”の興隆 「ンゴwwww」「麿」「マモノ」もここから広まったと2ちゃんねる(2ch)の削除依頼

      2013/05/29

ご無沙汰してます
今回の2ちゃんねる(2ch)の削除依頼について解説は2ちゃんねる発“実況文化”の興隆 「ンゴwwww」「麿」「マモノ」もここから広まったと2ちゃんねる(2ch)の削除依頼ということで2ちゃんねる発“実況文化”の興隆 「ンゴwwww」「麿」「マモノ」もここから広まったと2ちゃんねる(2ch)の削除依頼について話します

7月2日、2ちゃんねる(2ch)の「NHK総合を常に実況するスレ」のスレッド数が7万7777を迎えた。縁起が良いラッキー7ということで、記念に書き込む人が多く見られた。このスレッドは、タイトルの通り「NHK総合の実況」を延々と行うところであり、始まりは2001年10月にさかのぼるなど、2chでも屈指の長寿スレとなっている。

 人気アナウンサー登坂淳一氏の愛称である「麿(まろ)」が広まったのも、このスレによるところが大きい。NHKに限らず、実況板では「今、この瞬間の情報」を共有することができるため、常時多くの人が集まっている。そうすると自然と文化が生まれてくるもので、今回はそのような「2chの実況文化」についてまとめてみた。

●実況板ってなんだ!?

 そもそも、2chにおいて実況する行為は、基本的にはNG。実況を認めてしまうと、あまり内容のない書き込みで埋まってしまい、スレが早く落ちてしまうからだ。実況する際には、専用のスレで行うことがマナーであり、そのために「実況ch」が用意されている。

 2001年に芸能chとして新設された実況chは、次第に整備が進み、現在は主にテレビ局やスポーツ別に30種類以上に分類されている。ここでは思う存分実況することができ、皆でわいわい楽しむ感覚が味わえる。映画「コマンドー」などの一見B級に思われる作品も、実況と共に鑑賞すると、途端に面白くなってくるのだから不思議なものである。

 それでは、実況板ならではの文化を見ていこう。いくつか有名なものをピックアップしてみた。

・マモノ

 「甲子園には魔物が棲む」という格言と、ドラゴンクエストの荒くれが合体して生まれたキャラで、波乱を司る存在。大逆転やエラーが起こるのは「マモノの仕業」であり、選手だけが悪いのではない。そんな実況民の優しさも相まってカタカナ表記となっている。このちょっとかわいらしいAAの種類は非常に豊富で、高校野球をはじめとした多くのスポーツ実況のたびに張られている。

・松木タイピングスレ

 熱血的なサッカー解説に定評のある松木安太郎氏の言葉をタイピングしていくもの。居酒屋で一緒に居合わせているような雰囲気のなか、試合を見ながら氏のアツい言葉を打ち込んでいく。2008年頃から定番のスレとして親しまれている。

・ピンつま

 日曜夕方の名物番組「笑点」の大喜利に出演する三遊亭好楽氏への声援を指す。好楽さんがピンクの着物を着ていることに加え、披露するネタが基本的におもしろくないことから、ピンクつまんね、略して「ピンつま」である。ちなみに、好楽さんに限らず実況板では、大喜利の各メンバーを「色」で呼ぶことが常となっており、こういった作法は、髪色でキャラを判断するような昨今のアニメの鑑賞法にも受け継がれている。

年間300件以上のネット誹謗中傷・風評被害対策実績の専門会社はコチラ

2ちゃんねるの削除依頼の無料相談サイトはコチラ

 - 2ちゃんねる(2ch)の削除依頼